夢のブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


臓器移植コーディネーター

臓器移植コーディネーターの仕事は、精神的にもきつく、色んな面で神経を使わなければなりません。
移植ネットワークが臓器移植コーディネーターを養成するのですが、特定の資格というものではありません。
つまり、臓器移植コーディネーターになるには、セミナーなどの講習会に積極的に参加して勉強する必要があります。
ネットに所属する21人のほか、臓器移植コーディネーターには、各都道府県で約50人が活動しています。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、臓器移植コーディネーターとは、移植において、提供者と移植者の間を調整する役割を持ちます。
救急病院などから臓器提供者の情報を受けると、臓器移植コーディネーターは、移植希望者に対して、移植提供の作業を完了するまで手配します。
また、実際に臓器を運んだり、移植後もドナーの家族への報告を臓器移植コーディネーターはしなければなりません。
ただ、臓器移植コーディネーターという職業は、批判にさらされることも少なく、やる以上はそれなりの覚悟が必要です。
非常に専門的な仕事で、臓器移植コーディネーターは、ドナーの家族に説明をして承諾を得なければならないので、大変な仕事です。
いわゆる臓器移植コーディネーターは、医療専門職になり、臓器提供の候補者が出た時、すぐに病院に駆けつけます
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト


臓器移植のドナー

ドナーカードというのは、どこにでも置いているので、臓器移植に貢献したい人は、是非記入すべきです。
ドナーカードというのは、臓器移植に際してとても大事なもので、自分が死んだ後、自分の臓器を提供するか否かを記載するものです。
臓器をあげたいかあげたくないかの気持ちを記入するのがドナーカードで、臓器移植において、大きな役割を果たします。
日本の臓器移植は、ドナー不足にあえいでいて、待機リストに登録している人が沢山います。

臓器移植において、重要な意味を持つドナーカードは、病院、市役所、保健所、郵便局、運転免許試験所などに置いています。
また、腎臓や肝臓など一部を摘出しても命に別状ない臓器については、生体移植による臓器移植が可能です。
ドナーカードに本人の意思があれば、遺族の反対さえなければ、臓器移植のために臓器を提供できるようになっています。
そして、大切な臓器を臓器移植のために提供してくれる人をドナーと言い、貰う人をレシピエントと呼んでいます。
ドナー不足の影響は深刻で、待機中の死亡例も増えており、臓器移植のドナーの増加が望まれています。臓器移植という行為をするには、臓器を提供してくれる人がいないと成り立たない医療行為です。
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。