夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


突発性難聴の後遺症

突発性難聴にかかると、それ以前に体調がよくなかったなど、意識できる程度の倦怠感を身体が感じていることがよくあります。

突発性難聴は、早期治療したとしても、完治する可能性は非常に低く、患者の3人に1人程度と言われています。
そして、残りの3分の1の突発性難聴の患者は改善せず、その他の3分の1は後遺症が残ってしまいます。
いずれにせよ、突発性難聴になってしまった時は、早急に病院へいくことで、引きのばしてはいけないことです。
仕事の会議中や自宅でくつろいでいる時、急に片側の耳に耳鳴りがして、突発性難聴を発症するケースがよくあります。
しかし、自分がまさか突発性難聴になるとは誰もが思っているわけではなく、全く予期出来ない病です。
そして、突発性難聴の後遺症には、リクルートメント現象がでる可能性もあるので、注意しなければなりません。
どんな後遺症が突発性難聴にあるのかというと、一番よくあるのがやっかいな耳鳴りです。
実際に突発性難聴を克服して、聴力を回復することができても、後遺症が残る場合があります。
めまいや耳鳴りが突発性難聴の後遺症の代表的なものですが、こうした症状は主症状としてもよく現れます
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<突発性難聴の症状 | BLOG TOP | 突発性難聴の原因>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。