夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


突発性難聴と補聴器

突発性難聴は、誰もが起こりうる疾患なので、油断してはいけないのですが、通常多くの人は気にしていません。
いつ誰がなっても、突発性難聴はおかしくないのですが、実際に発症するまでは多くのひとは実感としては考えにくいものです。
可能性はゼロではないので、突発性難聴になった人は、一度よく医師と相談して、補聴器に取り組む価値はあります。
あの国民的歌手といわれる浜崎あゆみさんが、突発性難聴であることがわかり、大きな衝撃を与えました。
また、突発性難聴は、しっかり治療したとしても、完治する可能性は3分の1くらいといわれています。
聴覚の補助をするには、補聴器という選択が一番簡易的なので、突発性難聴になっても、諦めずに試してみることです。
ただ、突発性難聴になって、聞こえににくくなっても、補聴器をつければ何とかなるだろうと安易に構えてはいけません。
一般的には、突発性難聴になっても、補聴器をつければ、生活に支障がないとされていますが、そう簡単ではありません。
とにかく、早期治療が突発性難聴には重要で、浜崎さんの場合、放置したことで、完治の見込みがなくなってしまいました。
基本的に突発性難聴は、原因不明の病であり、補聴器をもってしても、改善するのは中々困難なのです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<便秘改善 | BLOG TOP | 突発性難聴の痛み>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。