夢のブログ

  • 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


犬の白内障

眼の中にある水晶体が濁る病気が白内障で、犬の場合は遺伝的要素も原因の1つとされています。

白内障の手術を受けたら、その後のケアが重要になります。白内障は人間だけでなく、犬も患う眼の病気です。
犬はもともと視力が良い動物ではないので、白内障を患っていても、普段どおりに生活できる犬が多いようです。
犬の白内障の手術は、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを眼に入れるという手術になります。
そして犬の場合、白内障を患っていても、なかなか飼い主が気づかない場合が多いのだとか。
人間の白内障もそうですが、犬も点眼薬によって病状が進行するのを防ぐことができます。
ですから犬が白内障の手術を受けたら、飼い主はきちんとケアをしてあげてください。
人間の白内障もそうですが、早期発見早期治療が重要になるので、飼い主は犬の様子に気を配るようにしてください。
遺伝的要素で白内障になりやすい犬は、ゴールデンレトリバーやヨークシャーテリア、シベリアンハスキーなどです。
ですから、人間が白内障の手術を受ける費用よりも犬の手術費用のほうが、高くなる傾向にあります。
涙を流しやすい犬は、こまめに飼い主が目の周囲を清潔にし、白内障を予防してあげましょう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<白内障の原因 | BLOG TOP | 白内障とは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。