夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


夏の花粉症の症状

夏の花粉症の原因となるのはスギ花粉、ではなくイネ花粉などが挙げられます。
もちろん間違った処方をしても症状が改善される事はなく、その頃になると夏の花粉症だと気付くかもしれません。夏の花粉症、というものはあまり聞き覚えがないかもしれませんね。
夏の花粉症について詳しくない状態で発症すれば、それを花粉症と気付かず夏風邪と判断してしまう可能性が高いです。
夏の花粉症について原因や症状についてより詳しくは、ブログやサイトから情報収集することをおすすめします。
夏の花粉症をイネ科によるものと言ってしまうのは少々乱暴で、もう少し細かく分類分けがされます。
しかし夏の花粉症の原因になっているイネ科の植物、たとえばオオアワガエリやカモガヤといった植物は背が低く遠くへ花粉を飛ばせません。
この二つは夏の花粉症の原因として比較的有名なので、ひょっとするとこの花粉によって花粉症が引き起こされているかもしれません。
しかし地方へ行くと、例えば北海道や東北地方を見ると夏の花粉症への注目度も高くなります。
オオアワガエリやカモガヤというイネ科の植物が夏の花粉症の原因として注目されているのですが、これらは主に5月頃から花粉を出します。

夏の花粉症は、春とはまた違った環境という事でストレスが大きくなりがちです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<薬で抑える夏の花粉症 | BLOG TOP | 夏の花粉症の原因>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。