夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


白内障

赤ちゃんのころから白内障で目が濁っているというから、親御さんはさぞ心配でしょう。
そのままにしておくと、弱視といって、視力矯正ができなくなってしまうらしいのです。
すると、いやでも白内障の手術をした目でものを見ることになり、弱視訓練になるのです。
特に片目だけが白内障である場合、手術を急いだりはしないということでした。
それから、大人になってからの白内障と違って、白内障には独特の問題があります。

白内障の場合は、生まれたときからの白内障なので、いろいろと苦労することも多いようですね。
聞いたところ、白内障でも手術をすぐにする場合と、手術を急がない場合があるようです。
白内障の手術後も、10歳くらいまでは弱視訓練というのをしなければならないようです。
赤ちゃんの視力がどんどん増していく時期に白内障になっているということですから。
そのため、白内障になった目の視力がどんどん低下していってしまうのです。
もう片方の健常な目はアイパッチなどで覆ってしまい、見えないようにしておくのです。

白内障であれば、病院のお医者さんといろいろ相談したりしなければなりませんが。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<白内障治療で有名な三井記念病院 | BLOG TOP | 白内障>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。