夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


突発性難聴の検査

突発性難聴の検査では、めまいのチェックも行い、めまいがひどい場合は、眼振を認めることもあります。
突発性難聴のための純音聴力検査の測定方法は、機器で行い、耳に直接ヘッドホンのようなレシーバーをあてながら音を聞き分けていきます。
一般的には突発性難聴は再発しないと言われていて、1度治療してから何度も繰り返す場合は、そうと診断されません。
慎重な検査が突発性難聴には必要で、病院での様々な各種の検査結果から診断されることになります。
また、随伴症状としての耳鳴りやめまいの有無も、突発性難聴の検査では重要項目になります。突発性難聴になったかもしれないと思った時は、検査が必要ですが、難聴には独自の診断方法があります。
検査については、突発性難聴で、どの検査を行うかについては、全てそれを行う医師の判断に委ねられます。
そうした場合、突発性難聴の検査では、眼振を観察するため、専用の眼振めがねを用いて行います。
また、突発性難聴の場合、よほどの緊急性がない限りは、近くの耳鼻咽喉科を受診して、検査をしてもらうことになります。
医師の視診による突発性難聴のための局所検査は、異常な所見がないか、医師の視診によって、外耳道や鼓膜の穿孔、癒着の有無を調べます
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<突発性難聴の完治 | BLOG TOP | 突発性難聴と補聴器>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。