夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


犬のコロナウィルス

しかし、コロナウィルスというウイルスは日常のごく身近な部分に潜んでいる可能性があります。
もしかしたら、その犬に感染したコロナウィルスは人間にも感染するタイプかもしれません。
因みに、コロナウィルス全体で見ると数十種類あるとされていますが人間に感染するものはごく一部です。
症状に関しても、ごく軽度なものから死に至るものまであるためコロナウィルスは油断出来ません。
現在ではワクチン接種によってコロナウィルスを防げるので、飼い主の責任としてケアをしてあげましょう。
犬コロナウィルスは感染すると重篤な症状が現れることもあるため、事前に予防する事が肝要です。
犬がコロナウィルスに感染しても、症状を言葉にして訴えることが出来ないので飼い主が責任をもって健康管理しなければなりません。
コロナウィルス自体に幾つかの種類があるため、特定の病気から正体を探るというのは難しいでしょう。

コロナウィルスに感染すると、状況によって特徴的な症状が出ます。
飼い犬がコロナウィルスに感染しているかどうかは、毎日の健康状態をチェックしていれば気付きやすいかもしれませんね。
子犬の予防接種の場合、コロナウィルスの事を考慮すると8種の方を摂取した方が良いでしょう。
ただ、これはあくまでもコロナウィルスに対した選択なので他の可能性も考慮して総合的に判断する必要があります。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<中東のコロナウィルス | BLOG TOP | コロナウィルス>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。