夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


鳥インフルエンザとは

いわゆる、鳥インフルエンザウイルスというものが、その起因となっていて、元々、野生の水禽類自然宿主としているものです。鳥インフルエンザとは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して発症する鳥類の感染症のことを指します。
そうしたことから、鳥インフルエンザから、新型インフルエンザが発生する危険性が危ぶまれています。
そうした鳥インフルエンザを高病原性と呼んでいて、今、世界的に養鶏産業の脅威となっています。
若鳥に20%の感染が見出されることがあり、鳥インフルエンザは、水禽類の腸管で増殖します。
将来、鳥インフルエンザが爆発的感染なりうる可能性はあるわけで、人の間で広まると、多くの人が生命の危機にさらされます。
しかし、鳥インフルエンザが怖いのは、家禽類のニワトリやウズラ、七面鳥に感染すると高い病原性をもたらすところです。
まさしく、鳥インフルエンザというのは、文字通り鳥のインフルエンザのことで、通常のインフルエンザとは違います。
鳥インフルエンザは、法定伝染病になりますが、H5とH7亜型以外の亜型で低病原性のものは届出伝染病に指定されています。
鳥間では水中の糞を媒介として、鳥インフルエンザが感染しますが、水禽類では感染しても宿主は発症しません
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<中国の鳥インフルエンザ問題 | BLOG TOP | コロナウィルスに関するニュース>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。