夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


鳥インフルエンザ対策

そして、鳥インフルエンザが確認されると、発生養鶏場から半径数~数十キロ圏内の他の養鶏場で飼育されている鶏の検査が行われます。
また、野鳥については、鳥インフルエンザについて、環境省が主体となって、対策を講じています。
鳥インフルエンザの感染が確認された場合、都道府県知事の権限ですぐに殺処分命令が発せられるようになっています。
2005年10月、鳥インフルエンザに対する対策として、関係省庁対策会議が開かれ、その対応に追われました。
また、対策として、鳥インフルエンザに未感染であることが確認されるまでの間、鶏生体や鶏卵の移動を自粛します。鳥インフルエンザは、疫学的には、厚生労働省と国立感染症研究所が、その対策に追われています。
そして、農家が違法に鳥インフルエンザの未承認ワクチンを使用したことが、茨城県を中心に相次いでいます。
新型インフルエンザ発生の危機が高まっていることから、鳥インフルエンザは、人での発生を視野に入れる必要が出てきたのです。
施行期間は1年で、この鳥インフルエンザ対策に関しては、1年に限り延長が可能となっています。
発生にそなえて、鳥インフルエンザ対策として、国の行動計画について説明を発表することとなりました
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<鳥インフルエンザの型 | BLOG TOP | 中国の鳥インフルエンザ問題>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。