夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


鳥インフルエンザの型

そして、鳥インフルエンザには抗原型があり、それにはH1~H16 × N1~N9など多くの組み合わせがあります。
食品中にウイルスがあっても、鳥インフルエンザの場合、十分に加熱して食べれば感染の心配はありません。
その他、家畜のブタ、ウマ、ミンク、野生のアザラシ、クジラの感染が、鳥インフルエンザ以外で知られています。
ヒトに感染するタイプのウイルスは、鳥インフルエンザと違い、水鳥起源のウイルスがブタに感染することが起こります。
ただ今のところ、高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染例は少なく、鶏肉や鶏卵で人に感染した例はありません。
しかし、近年、ヒトに感染する高病原性鳥インフルエンザというものが発見されていて、問題視されています。
しかし、鳥インフルエンザに感染した者の死亡率は1997年の流行では30%でしたが、2004年の流行では60~70%と高くなっています。
ブタの体内でウイルスが変異したという仮説があり、鳥インフルエンザと共に、遺伝子 解読による進化系統分析の裏付けが急がれています。
H5N1型の鳥インフルエンザについては、鳥から鳥に感染するものですが、まれに人に感染することがあります。
しかし、鳥インフルエンザウイルスの感染が広域化、長期化しているのは事実で、どの型も豚やヒトの体内で突然変異する危険性があります
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<鳥インフルエンザの症状 | BLOG TOP | 鳥インフルエンザ対策>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。