夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


高病原性鳥インフルエンザ

いわゆる鳥に感染するインフルエンザを鳥インフルエンザと呼んでいますが、中でも鳥に対して重篤な症状を起こすものが高病原性なのです。
高病原性鳥インフルエンザというのは、非常に危険性が高く、インフルエンザウイルスにはA、B、Cの型があります。 
一般的に、高病原性鳥インフルエンザは、人に感染する可能性があり、この病気にかかった鶏と接触すると危険です。
羽や粉末状になったフンを吸い込んだり、鶏のフンや内臓に触れた手を介して、高病原性鳥インフルエンザは人に感染します。
高病原性鳥インフルエンザでも、咳や粗い呼吸などの軽い呼吸器症状が出たり、産卵率が下がったりする場合もあります。
家畜伝染病予防法で定められているのが高病原性鳥インフルエンザであり、静脈内接種で鶏を高率に死亡させるウイルスです。
病原性が低いH5、H7亜型感染の場合は、高病原性鳥インフルエンザと違い、無症状もしくは軽い呼吸器症状が起こる程度です。
端的に言うと、病原性の高いインフルエンザウイルスによるものが、高病原性鳥インフルエンザなのです。
一般的に高病原性鳥インフルエンザは、HA蛋白の開裂部位のアミノ酸配列が弱毒型のウイルスとは異なります。
鳥に感染するのはA型インフルエンザウイルスで、人で感染するA型インフルエンザとは違い、高病原性鳥インフルエンザは強力です
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<おきゅうのお仕置き | BLOG TOP | 鳥インフルエンザの症状>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。