夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


おきゅう痕を残さない方法

おきゅう痕になったらイヤという理由で、しない人も多いとか。

おきゅう痕が残らないように施術してくれる鍼灸院もあるようです。
しかし、それと同時におきゅう痕がイヤで避ける人も多いのです。
そもそも、おきゅう痕は火傷の痕ですから、火傷を防げば良いのです。
おきゅう痕を残さないように行うことはできます。
ですから、おきゅう痕には充分注意をして、上手に取り入れて欲しいと思います。
使い捨てカイロ感覚で、おきゅうを使うことができると思います。
おきゅう痕が残ってしまっては、女性などは更衣室で着替えるときに恥ずかしい思いをしてしまいます。
火を使わないおきゅうもあるようですから、安全に使うことができるでしょう。
おきゅう痕は、技術によるところも大きいようなので、鍼灸院に行って施術してもらうのも良いと思います。
インターネットで自宅近くの鍼灸院を探し出し、そこでおきゅうをしてもらうようにすれば、通いやすいでしょう。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<薬事法と健康食品の関係 | BLOG TOP | おきゅうで折檻>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。