夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


適応障害の対処法

そして、周りを改善しながら、自分自身のストレス耐性を高め、対処法を確立して行く。
それが典型的適応障害の治療だとされているのですが、これが本当に大変なんですよね。
まあその瞬間の自分の対処法がわからなくなるというこの例は、かなり極端な適応障害だと言えますが、気分が悪くなる程度の事は一般的だと言えるのです。
ですから、周囲は気を利かせて、そういうコンビで仕事をさせないような対処法を取る必要があるのですが、実際問題、それって難しいですよね。
それに、誰だって、自分が誰かのストレス因子となり、適応障害を発症させているなんて思わないし、思いたくもないでしょう。
必ずしもその人が弱いとか、誰かが悪いというものではないのが大きな特徴でしょう。
また、仮にカミングアウトしたとしても、単なる我が儘だとか、自分に適応能力がないのだからもっと努力しろなどと言われる事もしばしば。
けれど、適応障害というのは、本人が相当努力し、対処法を確立しようとしたあげくに発症している病気だという事を知っておく事が大事なのです。

適応障害の場合、特定のストレスに対する耐性と対処法が確立されていない訳ですから、そのストレスにさえ遭遇しなければ発症する事はありません。
そのため、本人が自分の適応障害を認め、カミングアウトしなければ、他人は一切の対処法を取る事など出来ません。

適応障害の最良の対処法は、やはりストレス因子を近づけない事。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<適応障害 | BLOG TOP | 適応障害の治療法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。