夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


抜け毛をもたらす薬の副作用

薬の副作用というのは、色々な症状がありますが、中でも多いのが、髪の毛が抜けることです。

薬の副作用でよくあるのが、例えば、ステロイド剤を使っていた人が、抜け毛の脱毛に悩まされているような場合です。
人間の体には、薬物を必要以上に取入れても、汗や便、髪の毛などに混ざって排泄する機能があるから、薬の副作用で抜け毛が起こるのです。
長年蓄積した老廃罰を除去するのは容易なことではなく、薬の副作用で抜け毛が起こるのは当然なのです。
薬の副作用で一番恐いのは、やはり長年使用していた場合で、これはアトピー性皮膚炎などの治療でよく起こります。
これは抗がん剤などで現れる薬の副作用の代表的なものですが、他の病気の場合でも、抜け毛をもたらすものがあります。
老廃物は体内に蓄積されるので、老廃物が毛母細胞に影響して、薬の副作用として抜け毛をもたらすのです。

薬の副作用による抜け毛が心配な人は、そうした診断を受けてみる必要があるかもしれません。
200倍スコープという機材で、薬剤での抜け毛が薬の副作用であるかどうかを診断することができます。
病気が重篤になれば重篤になるほど薬の副作用は重く、軽症であればあるほど軽くなる傾向があります。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<薬の副作用に関する報告 | BLOG TOP | 薬の副作用とは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。