夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


薬の副作用

血糖値を下げる働きがあるインスリンの作用を阻害するため、血糖値が高くなって薬の副作用が起こるのです。
こうした薬の副作用の状態を易感染と言い、これにはインフルエンザ、肺炎、結核などがあります。
ステロイド薬の量が多くなるほど、薬の副作用になりやすく、感染症が起こりやすくなります。
糖尿病が出る薬の副作用は、空腹時には正常という特徴もあり、予防や対処法については、糖尿病と同様です。
ウイルスや細菌、微生物などの外敵と戦う力が弱まることで、薬の副作用として感染症が起こりやすくなるのです。
大量の投与から1~2ヵ月後に現れる薬の副作用で、程度が軽ければ食事療法をおこないます。
とにかく、薬の副作用としての自覚症状がある場合は、できるだけ早めに担当医に伝えなければなりません。
糖尿病の遺伝素因がある人は、真性の糖尿病になるので、薬の副作用に対してインスリン治療の必要があるのです。
程度が重い場合は、薬の副作用として、薬物療法が必要になり、長い期間を必要とします。
食事療法や運動療法が、糖尿病が現れる薬の副作用の対処に有効になります
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<妊婦が被る薬の副作用 | BLOG TOP | 薬の副作用に関する報告>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。