夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子供の薬の副作用

子供の場合、薬の副作用として発疹を中心とした反応がよく認められるので、保護者の心配は過剰になります。
子供が乳歯のときに使っても、永久歯に色が付き、一生とれなくなるので、薬の副作用としては怖いです。
そのため、子供の薬の副作用については、薬剤アレルギーの知識を事前に整理しておく必要があります。
免疫的なメカニズムを介して発症するのが薬剤アレルギーで、子供がよく起こり得る薬の副作用です。
異常薬物反応というのは、薬の副作用の9割程度を占めるので、子供の場合、特に注意しなければなりません。
小児科医が子供に対して使ってほしくない薬があり、それはミノマイシンで、薬の副作用を引き起こしやすいです。
着色歯といって、薬の副作用として、子供の歯が黒っぽく変色することがあるので要注意です。
こうした薬はよく効くのですが、薬の副作用が起こりやすいので、8歳未満の子供には使わないのが原則です。
しかし、実際にこうした薬は、耳鼻科や内科などで案外気軽に使われているので、子供の薬の副作用には注意しないといけません。
セレスタミンという薬も子供が薬の副作用を起こしやすく、これはステロイド剤と抗ヒスタミン剤が混じった薬です
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<薬の副作用と発疹 | BLOG TOP | 妊婦が被る薬の副作用>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。