夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


薬の副作用と発疹

薬は素晴らしい効能もある反面、発疹など、薬の副作用があることを充分認識して慎重に使用する必要があります。
もちろん、発疹の場合、患者自身で薬の副作用を疑うことは難しく、あらかじめ説明を受けていないと気付きません。
薬を使い始めてから、発疹や発熱、頭痛などが出てきた場合は、薬の副作用がかなり強く疑われます。
一般的には、薬の副作用の場合、他覚症状や検査値異常より、自覚症状が先に現れることが多いです。
他にも、かゆみ、しびれ、めまい、動悸、ふるえ、呼吸困難、むくみなどが薬の副作用としてよく起こります。
突然、皮膚に発疹が出来てびっくりする事がありますが、そうした場合、薬の副作用の可能性が高いです。
初めて飲んだ薬で発疹を起こすことは少ないのですが、薬の副作用で一度発疹を起こした薬は二度と飲んではいけません。
それゆえ、発疹などの自覚症状がある場合、薬の副作用を懸念して、すぐに医師や薬剤師、看護師に相談することが大切です。薬の副作用で発疹が出ることはよくありますが、その診断や判別は、日常診療をおこなっている医師でも簡単なことではありません。
単独もしくはいくつかが組み合わさって症状を示している場合があるので、薬の副作用の判断は難しいです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<薬の副作用 | BLOG TOP | 子供の薬の副作用>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。