夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


薬の副作用

発疹や肝機能の異常、あるいは膀胱炎のような症状となって、薬の副作用が現れる場合もあります。薬の副作用は、色々ありますが、その中でも多いのが胃腸症状で、吐き気や食欲不振、腹痛、下痢などが起こります。
こうした薬の副作用は、地黄、当帰、川きゅう、山梔子、大黄、芒硝などが配合されている漢方薬でよく起こります。
人によっては薬の副作用で、アレルギー症状を起こすこともあるので、注意しないといけません。
漢方薬については、食前の服用から食後に変更することもできるので、それで薬の副作用を回避することもできます。
また、極めてまれなのですが、柴胡剤による薬の副作用で、重い間質性肺炎や肝障害が出る場合もあります。
漢方薬は安全で副作用がないと思っている人が多いのですが、実際は薬の副作用はよく起こります。

薬の副作用は、証に合わない薬を飲んだ時に起きやすく、胃腸障害などが起きることがよくあります。
服用中に異変が起こる人もいて、主な薬の副作用としては、食欲がなくなったり、熱やじんましんが出ることです。
証に合わない漢方薬により、食欲不振、便通異常、不眠などの薬の副作用が出ることはよくあるのです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<うつ病の薬の副作用 | BLOG TOP | 薬の副作用と発疹>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。