夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


うつ病の薬の副作用

また、薬の副作用で、眠気や全身の倦怠感、体重増加などもしばしば起こり、うつ病は中々改善されません。

薬の副作用をうつ病の人は過剰に心配しますが、副作用が一番少ないSSRIであればある程度安心です。
そのため、うつ病を改善するには、薬の副作用を恐れず、服用を中止しないで医師に相談する必要があります。
スルピリドもうつ病に効果がありますが、薬の副作用として、月経不順などを起こしてしまう可能性が高いです。

薬の副作用というのは、薬の種類によって多少の違いはありますが、抗うつ薬は少なくても2~3週間は服用しないといけません。
うつ病治療の薬は、薬の副作用が色々ありますが、セロトニンだけに作用するSSRIは比較的副作用は少ないです。
尿の量が少なくなったり、喉が乾いた感覚を覚えたりするのが、うつ病の薬の代表的な薬の副作用になります。
また、うつ病で前立腺肥大症を持っている人が薬を使うと、排尿困難などの薬の副作用が出る場合があります。
三環系抗うつ薬はもっとも作用が強い抗うつ剤で、薬の副作用として、強い口の渇きや、排尿困難、眠気、だるさなどが表れます。
四環系抗はうつ病に効果的な薬ですが、薬の副作用はかなり軽減されていて、飲みやすくなっています。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<月経不順とは | BLOG TOP | 薬の副作用>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。