夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


伝染性紅斑とは

子供の伝染性紅斑は予防法はないが、罹っても治療するまでもなく自然に治ってゆくのが普通で、ことさらに心配する必要は無いと思われる。
一応病院には行ったが、特に薬を処方されるでもなく、その内に伝染性紅斑は治ってしまった。

伝染性紅斑をはじめ、とくに子供が罹りやすい感染症は多く、水疱瘡や麻疹(はしか)、おたふく風邪や溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症などが頭に浮かぶ。
子供の場合伝染性紅斑に罹っても、紅斑ができる以外は特に熱が出るわけでもなく、自然治癒していくが、大人の場合は症状が多岐にわたるようだ。
面白いのは、伝染性紅斑に罹ったときの症状が、大人と子供ではかなり違うと言うことだろう。
小さなお子様をお持ちの方なら耳にしたことがある伝染性紅斑は、最初は顔に小さな赤い発疹が出てきて、痒みが伴うのが特徴だ。
大人が伝染性紅斑に罹ると、発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などの症状が現れる。
伝染性紅斑は子供特有の疾患のように思うが、大人も感染する。
伝染性紅斑の診断は症状が出るまでは、ほとんど不可能であるらしい。
伝染性紅斑に関しての情報を入手したいときは、インターネットによる情報が便利だろう。

伝染性紅斑は、前述の通り通称は「りんご病」という名前であるが、こちらの方が一般的だろう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<伝染性紅斑の症状と対策 | BLOG TOP | ひざの関節のリハビリ方法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。