夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


伝染性紅斑の症状と対策

子供の伝染性紅斑の場合は、重篤な症状はほとんど出ないので、そう心配することはないだろう。
子供を育てていると色々な伝染性疾患の名前を覚えるが 、伝染性紅斑もその中の一つで、我が家の子供たちもしっかり罹った。
これが大人が伝染性紅斑になると、発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などの重い症状が出てくるらしい。

伝染性紅斑は一般的にはその症状から通称「りんご病」であるが、お医者さんも使っている名称だ。
一応心配なので、病院には行ったが特に薬を処方されるでもなく、その内に紅斑が消え、伝染性紅斑は治っていた。
このように子供の伝染性紅斑は自然に治ってゆくので、ことさらに心配する必要は無いと思われる。
はじめは「どうしてこんなにほっぺが真っ赤なんだ」と思ったが、保育園で伝染性紅斑の園児が数人出ていたので納得したのである。
なので、できれば早い段階で伝染性紅斑をはじめ、一通りの感染症を経験してしまえば安心ということもできる。 
子供が罹りやすい感染症の中には、溶連菌感染症のように何度も罹ってしまうものもあれば、一度罹れば免疫ができて二度と罹らない種類もある。
伝染性紅斑はまず顔に小さな赤い発疹が出てきて、痒みが伴うのが特徴で、子供特有の疾患のように思われているが大人もまれに感染する。
最近ではインターネットで伝染性紅斑や感染症に関しての情報を手軽に入手できる
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<伝染性紅斑の潜伏期間 | BLOG TOP | 伝染性紅斑とは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。