夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


伝染性紅斑の潜伏期間

伝染性紅斑の潜伏期間は、症状が出るまでに10日~20日間と言われている。
大人が伝染性紅斑に罹ると高熱や筋肉痛、関節痛・頭痛など比較的重い症状に悩まされるようだ。
伝染性紅斑に関してもっと詳しく知りたい方は、病気関連のサイトや医学サイトなどを参考にしてみると勉強になっていいだろう。
伝染性紅斑は、潜伏期間中に原因である「ヒトバルボウイルスb19 」をまき散らすので、予防が不可能に近いのである。

伝染性紅斑は上記のように、潜伏期間中にウイルスをまき散らすので厄介なのだが、予後は悪くなく子供の場合、紅斑が消えると自然治癒ということになる。
子供の場合は伝染性紅斑に罹っても、潜伏期間中は熱が出るわけでもなく、平気で駆け回っているので予防や診断は難しい。
妊婦である自分も子供も手洗い、うがいやマスク着用などをして、伝染性紅斑の潜伏期間を過ごすことだ。
伝染性紅斑は症状が出る前の一週間ぐらいが、強い感染力があるといわれているが、この間、症状が出てないのでさらに診断や予防が困難なのだ。
伝染性紅斑自体はさして怖い感染症ではないので、殊更に怖がることはない。
要は伝染性紅斑の情報を知り、正しい知識を持つことだろう。
妊娠初期・中期の妊婦の場合、伝染性紅斑に罹ると、胎盤を介して胎児にも感染して、心不全や胎児水腫になってしまうことがあるそうだ
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<大人が伝染性紅斑に罹った場合 | BLOG TOP | 伝染性紅斑の症状と対策>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。