夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


大人が伝染性紅斑に罹った場合

伝染性紅斑は子供特有の感染症と思われがちだが、大人も稀に罹るようだ。
ある日自分の子供が、熱もないのにほっぺたが鮮やかに真っ赤になっていたら伝染性紅斑を疑って良いだろう。
気をつけたいのは妊婦の伝染性紅斑だ。
子供の場合、通常は熱は出ないが、大人が伝染性紅斑に罹ると高熱が出るそうだ。

伝染性紅斑はこのように、大人にとっては厄介なことになる感染症だが、その原因となるのは「ヒトバルボウイルスb19」というウイルスだ。
伝染性紅斑をはじめとして子供が罹りやすい感染症に大人が罹った場合、往々にして重い症状が出るのはなぜだろうか。
上記の理由から、伝染性紅斑は子供に多い印象を受けるのはうなずける。
私も子供を持つ親だが伝染性紅斑に関わらず、子供が感染する病気の多さには驚かされる。
妊婦が伝染性紅斑に罹ると、胎児にも胎盤を介して感染してしまい、胎児水腫や心不全になってしまうことが稀にあるそうだ。

伝染性紅斑と大人の関係について述べてきたが、もっと詳しく知りたい方は医学サイトや病気関連のサイトなどを覗いてみてはいかがだろうか。
よく知られているのが、男性が思春期以降に「おたふく風邪」に罹ると、精巣炎により不妊症になってしまうというものだが、伝染性紅斑の場合も大人の方が症状が重いのだ
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<妊婦は伝染性紅斑に要注意 | BLOG TOP | 伝染性紅斑の潜伏期間>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。