夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


妊婦は伝染性紅斑に要注意

伝染性紅斑をはじめとして水疱瘡やおたふく風邪、溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症など子供が罹る感染症は多い。
大人の場合、高熱と共に頭痛や関節痛、筋肉痛などの症状も出るようなので、たかが伝染性紅斑といってもいられない。
さらに妊娠初期・中期の妊婦が伝染性紅斑に罹ると、胎盤を介して胎児にも感染して、心不全や胎児水腫になってしまうことがあるそうだ。
園児や就学児の子供は集団生活をしているので、どうしても伝染性紅斑などの感染症には罹ってしまう。
感染経路を把握して、「ヒトバルボウイルスb19」というウイルスが原因の伝染性紅斑を知ることが大切になってくる。

伝染性紅斑は子供に限らず、大人と妊婦にとっては気をつけなければならないが、もっと詳しく知りたい方は医学サイトや病気関連のサイトなどを覗いてみてはいかがだろうか。
子供の場合、熱すら出ないが、大人が伝染性紅斑に罹ると高熱が出るそうなので注意したい。
こうしてみると、伝染性紅斑といっても侮れないのがお解り頂けるだろう。
確率は低いが、大人や妊婦も罹る伝染性紅斑には、正しい知識と対策で対処したい。
そうすれば伝染性紅斑は、怖い感染症ではなくなるに違いない
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<伝染性紅斑の写真 | BLOG TOP | 大人が伝染性紅斑に罹った場合>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。