夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


禁煙外来は保険適用

こうした条件に全てに該当しなければ、禁煙外来での保険は適用されず、ニコチン依存症である喫煙者と認められません。
保険が禁煙外来で適用された場合、薬にもよりますが、大体3ヶ月で12,000~19,000円で利用できます。
1週間あたりで換算すると、保険がきく禁煙外来は、1,000~1,400円くらいで治療できることになります。
つまり、禁煙外来は保険を使った禁煙治療が可能になったわけで、費用は自己負担分の3割で済みます。
一定の要件を満たせば、禁煙外来は保険が利用できるので、とても便利で、利用しやすくなりました。
また、1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上でなければ、禁煙外来において、保険を受けることはできません。
禁煙治療に健康保険が適用されるのは実に喜ばしいことで、禁煙外来での負担がかなり軽くなります。
そのため、禁煙外来を保険適用で受けるには、健康保険での禁煙治療ができる近くの医療機関をまず、探さなければなりません。
保険適用される場合、禁煙外来では、補助薬として、医療用ニコチンパッチ、ニコチンガム、チャンピックスなどが使用されます。
そして、直ちに禁煙する意思があり、禁煙治療を受けることに文書で同意しなければ、禁煙外来での保険は適用されません。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<禁煙外来の治療期間 | BLOG TOP | 禁煙外来での治療薬>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。