夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


強度の近視と遺伝

強度の近視は遺伝するのかといいますと、多くの場合は遺伝が多く、子供のときにすでに起こってしまうことが多いのだそうです。

強度の近視が遺伝する確率は非常に高いので、自分がなっているならば、自分の子供にも遺伝することが多いことを覚悟しなければならないようです。
そのために遺伝が関係していることが多いわけですから、早めに治療を開始するようにしておきたいのが強度の近視です。
遺伝による強度の近視であるならば、子供のときから治療を開始するようにしていく必要もあるのだそうです。
視力が著しく低下してしまう強度の近視ですから、成長する過程において非常に厄介なものになってきてしまうのだそうです。
それだけ視力を取り戻すことが難しい、不可能だと思われていた強度の近視は視力が回復する治療方法が増えているのです。
強度の近視の治療は開始することが早ければ早いほどいいそうで、医師の診察でわかったのであればすぐに治療を開始したいですね。

強度の近視はどうしても遺伝しやすいのですが、あまり悲観的になる必要もなく、むしろ治療方法を探しておいたほうがいいかもしれません。
そこでもしも強度の近視が遺伝してしまったとしても、治療することを視野に入れていったほうがいいのかもしれません。
どうしても遺伝することが多い強度の近視ですから、おそらくは眼球の形や作りも同じように遺伝するのかもしれません
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<強度の近視とレーシック | BLOG TOP | 強度の近視の治療>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。