夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


強度の近視と老眼

そのためには普段から自分の視力や体調などにも、40代に入ったのであるならば気を配っておきたいのが強度の近視です。
またすでに視力が著しく落ちているのが強度の近視ですから、老眼になることは考えにくいという方も多いようなのです。
ところが実際のところでは強度の近視であるから、老眼にならないということはなく、この説は信ぴょう性がないのだそうです。

強度の近視になっている方の場合は視力矯正力が強いメガネやコンタクトレンズでなかなかわかりにくいようなのです。
老眼になっているとしても強度の近視の方の場合は、また視力が落ちたというくらいしか感じない場合も少なくはないようです。
強度の近視であるから、視力を正常に矯正するためのメガネやコンタクトレンズが優秀だからこそ老眼は進まないと考えても不思議ではありません。
実際には老眼がかなり進んでいる状態になってから、わかってくることも少なくはないのが強度の近視の現実なのです。
老眼は40代から始まる目の老化現象ではありますが、強度の近視とはどのような関係になっているのかなども非常に気になりますよね。
老眼は身体的な不快感も伴ってきますから、強度の近視である方が頭痛や肩こりなどが急にひどくなってきた場合、老眼が進んでいるそうなのです。
また強度の近視の場合には頻繁にメガネやコンタクトレンズの度数を変更する方も多いようですから、老眼も矯正されているかもしれませんね。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<強度の近視とオルソケラトロジー | BLOG TOP | 強度の近視とレーシック>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。