夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


禁煙外来の治療期間

まず、禁煙外来での禁煙治療というのは、5回までが保険適応となっていて、期間としては非常に短いものです。
一酸化炭素濃度を調べた後は、禁煙外来では、医師がチャンピックスの説明をし、チャンピックスが処方されることになります。
期間的には非常に短いのですが、それだけ、禁煙外来の期間というのは、密度は濃いとい言うことが言えます。
そして、禁煙外来での投薬の期間は2ヶ月間になり、その際、禁煙補助剤のニコチンパッチが主に使用されます。
一般的なクリニックでの禁煙外来の受診スケジュールは、2週間×2、4週間×2という期間が基本になります。禁煙外来を受けるにあたっては、費用が気になるのはもちろんですが、それと同時に気になるのがその期間です。
初回診察では、禁煙外来においてはまず、禁煙プログラムが健康保険の適用で受診できるかをチェックしていきます。
治療の内容としては、禁煙外来では、まず一酸化炭素濃度の測定をして、スモーカーレベルを把握します。
通常、禁煙外来は、計5回の診療二なるわけで、期間としては、3ヶ月で終了することになります。
たった5回の期間で禁煙外来は果たして効果があるのか疑問に思うかもしれませんが、実際に効果はあります。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<禁煙外来で保険適用の条件 | BLOG TOP | 禁煙外来は保険適用>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。