夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


禁煙外来で保険適用の条件

禁煙外来で保険適用を受けるには条件が必要になりますが、それはまず、ニコチン依存症のスクリーニングテストで5点以上と診断されなければなりません。
チャンピックスは、ニコチンを含まないのですが、喫煙の欲求を抑える力があるので、禁煙外来で有効なのです。

禁煙外来を受ける場合、どの病院が保険適用されるのかを、条件と共にネットでよく調べる必要があります。
また、直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療プログラムの参加について同意書を提出する条件が禁煙外来には必要です。
つまり、3つの条件が禁煙外来をする上において必ず必要になるわけで、患者自らが禁煙を望んでいなければなりません。
基本的に、耳鼻咽頭科や眼科などでの禁煙治療についても、禁煙外来の保険は適応されるようになっています。
ただ、一般的な喫煙者なら、これらの条件は簡単にクリアできるので、禁煙外来の条件についてはそれほど心配する必要はありません。
禁煙外来の条件を直接電話で病院に確認するのに抵抗がある人は、行政機関を利用するのがいいでしょう。

禁煙外来では、最近では、チャンピックスという薬を用いるのが通例になっていて、効果は高いです。
この禁煙外来の薬を使えば、禁煙成功率はかなり高く、医師の指導を受ければより効果は高まります。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<禁煙外来の方法 | BLOG TOP | 禁煙外来の治療期間>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。