夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


動物療法の実践例

そして動物療法の実践例の紹介も、ネットを活用すると簡単に見ることができます。
動物と触れ合うことにより人が元気になれる動物療法は大変な注目を集めていますから、実践例を参考にしてセラピーをやってみたいと思う人もいるでしょう。

動物療法に同行する動物に、獣医による診断書があることを条件としているボランティア団体もあることが実践例からわかります。
訪問の実践例を見てみると、できれば動物療法は小動物のほうが良いようです。
動物療法の実践例としては、犬や猫とともに老人介護福祉施設や学校などへ訪問するということが挙げられます。
こうして生きることに前向きになれる動物療法効果も実践例としてはあるようです。
大学でも動物療法を専門に教えてくれるコースが準備されているところもあります。
また、病気をしている動物は福祉施設などへ連れて行くことができませんから、動物療法には健康な動物と訪問するということが前提でしょう。
動物療法を仕事にしたいと考える方は、インターネットで動物関連の資格が取得できる学校を調べてみると良いでしょう。
内向的で引きこもりがちだった子どもが、イルカと一緒に泳ぐ動物療法によって笑顔を取り戻したという話もあるようです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<動物療法の効果 | BLOG TOP | 動物療法の資格>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。