夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


大腸ガンの化学療法

大腸ガンに化学療法は、サポート的なもので使われている場合が多いようです。
化学療法とは薬を用いて病気を治すという方法のことで、抗がん剤を用いた大腸ガン治療は手術後に行われたりするのだとか。
大腸ガンを治すには信頼できる医師のいる病院を選ぶということも重要だと思います。
化学療法をしている間、大腸ガン患者は大変辛い思いをするので、患者自身が煮るなり焼くなり好きにしてくれというような感情に襲われるようです。
こうなると、ガンを化学療法で全滅させる前に体のほうが悲鳴を上げてしまうようなのです。
その大変さを目の当たりにしてしまうと、再度大腸ガンを治すために化学療法の抗ガン剤を投与するかどうかを問われると、家族は投与すると言えなくなってしまうのだとか。
以前私は知人から、大腸ガンは化学療法によって治ると聞いたことがあります。
そして大腸ガンに用いられる化学療法についての解説も、ネットを活用すると簡単に見ることができます。
大腸ガンを患者本人に告知していない場合は、家族と担当医で化学療法も含め治療方法が相談されると思います。ネットを活用して情報を収集し、信頼できる医師のいる病院で大腸ガンの治療と化学療法を受けると良いでしょう。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<大腸ガン闘病記 | BLOG TOP | 大腸ガンとは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。