夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


大腸ガンの抗がん剤治療

医師に大腸ガン治療のために抗がん剤をもう一度投与しておくと良いでしょうと言われても、素直にうなずけない家族は大変多いようです。
吐き気がひどくて辛そうなので、見ている家族にとってはたまらないものがあるのでしょう。
ただ、どんなに辛くても大腸ガンと闘うために、抗がん剤治療は避けられないように思います。
大腸ガンの手術を行って再発すると、抗がん剤治療は行われることが多いようです。
ですから腸の調子が悪くて大腸ガンかもしれないと心配している方は、ネットを使えば簡単に治療方法について調べることができるでしょう。

大腸ガンは早期に発見することができれば、抗がん剤を投与するにしても、ほぼ完治させることができる病気のようです。大腸ガンの抗がん剤治療を行うときには、副作用が心配になる方も多いと思います。
そして副作用の現れ方が激しい患者の家族は、大腸ガン治療のための抗がん剤治療を中止して欲しいといってくる場合もあるのだとか。
ただ、抗がん剤や放射線治療で大腸ガンや肺ガンといったガン細胞を完全に死滅させる前に、人間の体力のほうがもたないのだとか。
それでも大腸ガンを完治させるためには、手術と抗がん剤治療、そして、放射線治療のどれかを選択しなければならない場合が多いように思います。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<大腸ガンの看護 | BLOG TOP | 大腸ガンの早期発見>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。