夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


犬につくマダニ

常日頃から清潔にし、なるべくマダニの生息域には近付かないようにするのが大事です。
本当に犬の事を思うのであれば、絶対に草むらには近づけないようにするべきでしょう。
けれど、犬だってマダニが付けば、痒くて貯まりませんし、ともすれば命を落とす事だってあるのです。マダニが犬に付くと、自動的に飼い主にも付く事になりますから、十二分に注意しなければなりません。
しかし、犬というのは困ったもので、草むらが本当に好きですからね。
なので、犬を散歩させる際は、なるべく市街地の生活道路を歩き、川沿いの堤防や田畑のあぜ道は避けるようにされるといいでしょう。
それが今のところ犬にとっても飼い主にとっても最良のマダニ対策だと思われます。

マダニは季節で言えば春から夏に掛けて、時間帯で言えば、夕方から深夜に掛けて最も活発に行動します。
そう、ジャンプして来るのです、ああ、なんて恐ろしいダニなんでしょう。
ですから、犬を草むらへ入れなければマダニが予防出来るというものではありません。
勿論、真夏の夜の散歩が悪いという訳ではありませんが、その場合は、出来る限り周囲に草むらのないアスファルトの散歩コースを犬も人間も歩くようにしましょう。
他にも犬と飼い主のためのマダニ対策はいろいろありますから、今から関連のブログやサイトで情報収集し、今年は万全の体制でお散歩を楽しみましょう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<マダニの対処法 | BLOG TOP | マダニに噛まれた時>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。