夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌と皮下脂肪

ですからよく「体についてしまったら危険なうえに、健康を妨げてしまうもの」というイメージがついていますが、正常に使われていれば問題がないのが子宮体癌です。
ただし現代人は生活が便利になり過ぎているので運動量が減って、摂取カロリーのほうが高くなっていることが多く、子宮体癌をため込みやすくなっているのです。
これは子宮体癌が単なる悪玉なのではなく、先ほども書きましたように、燃焼しやすい脂肪、つまりエネルギーになるために使うためにあるからです。

子宮体癌は基本的に内臓を衝撃から守る働きもあるのですが、正常に使われている場合は、筋肉などを動かすエネルギーになってくれているのです。
そこで実は皮下脂肪を減らすよりも簡単に減らせる子宮体癌なのですから、減らすために運動をおすすめします。
そのために定期的に運動を行い、子宮体癌をためこまないように注意することも、基礎代謝が下がってくる30代からは特に必要になってくるのだそうです。子宮体癌というものは実は、あの肥満というと連想してしまう皮下脂肪よりも早く燃焼して減らすことが出来るそうなのです。
実は子宮体癌が体につくメカニズムに関係してくるのは男性ホルモンで、皮下脂肪が体につくメカニズムには女性ホルモンが関係しています。
このようなことがあるわけですから、ダイエットと一言で言っても、重要になってくるのは皮下脂肪ではなく、子宮体癌を落とすことのほうが重要なのです。
同じ2キロ体重を減らした場合、皮下脂肪が落ちていくよりも、子宮体癌が減っている状態のほうが健康には好ましいのです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の検査 | BLOG TOP | 子宮体癌解消レシピ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。