夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌の原因

一方、子宮体癌は、子宮本体の内側にある子宮内幕に発症する癌なので、どうしても子宮頸癌以上に、ホルモンが深く関わって来るようです。子宮体癌イコール子宮癌である事は確かなのですが、逆も然り、という訳ではありません。
ただ、子宮頸癌と子宮体癌とでは、発症する原因がいささか異なるようです。
そして、検査の流れも治療の流れも、手間はかなり異なりますが、大体は同じような形で進められて行きます。
しかも、妊娠や出産、あるいは性交渉の経験が少ない女性ほど、子宮体癌になりやすいとも言われているのです。
そのため、閉経前後の中高年女性、特に、50代の女性の発症率が最も高いとされています。

子宮体癌は比較的高齢の女性に多い病気だという固定観念は、昨今はかなり見直されて来て、20代・30代の若い女性でも発症する確率は低くない。
でも、考えてみれば、ストレスや疲れや無駄な脂肪は、現代社会では、誰だってすぐにため込んでしまうものですもんね。
ですから、嘗ては欧米のキャリアウーマンたちがよく見舞われていた大病の一つだったんですね。
実際には、子宮癌は子宮頸癌と子宮体癌の大きく2つに分けられます。
ただ、子宮頸癌は、子宮の入り口部分に発症する癌で、炎症による細菌感染などが引き金になる事が多いんですね。
特に、仕事に追われている女性なら、外食やインスタントに近い食事も増えるだろうし、若くても十分子宮体癌になる可能性はある訳です。
でも、子宮体癌はそういうのがないから、なるべく自分で気を付けて、発症しにくい体質に改善して行く事が大事なんだろうと思います。
まるで、子宮体癌とは正反対、ちょっとおてんばな女性が見舞われやすいような気もしますね。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の治療 | BLOG TOP | 子宮体癌の初期症状>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。