夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌の治療

だからこそ、なるべく切除部分を減らす必要がある訳で、そのためには早期発見が何より大切です。
何故なら、子宮体癌は、子宮本体の子宮内幕に発症する癌だからです。
ですから、子宮体癌に関するブログやサイトを見付けたら、なるべく読むようにしないといけないのではないでしょうか。子宮体癌は5年生存率の比較的高い癌ですが、検査や治療の非常に大がかりな癌でもあります。
けれど、子宮体癌は0期と呼ばれる初期段階でも、外科的処置が行われる事が殆どです。
外科的処置というのは手術の事で、それも子宮を全摘するという形です。
ですから、非常に生存率の高い病気ではありますが、子宮体癌の患者が受ける肉体的、且つ、精神的負担は大変大きいのです。

子宮体癌は、40代後半から50代後半の女性患者が中心だったところから、これまでは、外科的治療は肉体的な負担が問題視される事が多かったそうです。
乳癌と同様、特に若い女性にはとても厳しく悲しい宣告です。

子宮体癌の手術で、最も大変なのは、その手術が齎す後遺症です。
本当に怖いのは、子宮体癌の実態そのものを知らない事ではないかと私は思います。
けれど、若年性子宮体癌が増えつつある昨今、やはり精神的な面での外科的治療の問題点も大きくなってきていると言われています。
ですから、他の癌よりは、転移も少なく、治る確率も高いという訳です。
けれど、専門医に言わせると、子宮体癌に関する情報は、子宮頸癌に比べて、まだまだ少ないのが現状だそうですね。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の初期検診 | BLOG TOP | 子宮体癌の原因>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。