夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ヘビに群がるマダニの群れ

マダニとヘビ、ああ、聞いただけでも気持ち悪くなりそうで、絶対に想像したくない光景ですよね。
そして、ヘビの鱗の中には、そんな巨大化したマダニが群がっているというから驚きです。
ヘビやトカゲなどのは虫類をペットとして飼う人が増えていて、新たなマダニ問題になっているのだそうです。
しかも、犬や猫の毛の中に潜むのと同じように、マダニたちはヘビの鱗の隙間に忍び込み、血を吸いながら生息しています。
正しく、街の片隅の草むらでは、彼らの生存競争が日々激しく繰り広げられているのです。
さらに、マダニの生息域である草むらは、ヘビたちにとっても最もメジャーな生息域です。
つい先日、海外のとあるテレビ局が放映したという一つの画像が話題を集めていました。
それがマダニのように実に小さい生物であるというのは、少々面白くは思いますが、やっぱり余り想像はしたくないなぁ。

マダニは主にほ乳類の皮膚に噛みついて吸血すると思われていますよね。
考えてもみて下さいよ、献血でも精精400ccしか抜かれない訳ですから、私たち人間にとっても1リットルと言えば大量出血です。
勿論、一気に抜かれる訳ではないので、まあ何とか命を保ててはいるのでしょうけれど、ヘビの体の大きさを考えると、これは本当に恐ろしい事ですよね。
そういう光景を目にすると、やはりマダニに対する恐怖感は否めません。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<発酵食品とは | BLOG TOP | マダニの対処法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。