夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌の初期検診

とは言え、子宮体癌は、立派な癌、放置しておけば間違いなく命に関わります。
麻酔を使えば、当然検査後の処置や回復にも時間を要しますから、子宮体癌の検査は、手間が掛かると言われるんですね。
だから、通常の健康診断や癌検診では省かれてしまうんですね。
因みに、集団の癌検診や健康診断などで行われる子宮癌の検査は、子宮体癌の検査ではなく、主に子宮頸癌の検査です。
子宮体癌の検診は子宮頸癌の検診と基本的な流れとしては同じなのですが、何分子宮内部の組織を調べる訳ですからね。
なのに、何故か一般的な健康診断で検診を受ける事の少ない疾病でもあります。
それに比べ、子宮体癌は、比較的高齢の患者数が圧倒的多数で、進行もスローな人が目立ちます。
子宮癌の検診は、まず最初に細胞診断が行われ、その結果によって、組織診断が必要かどうかを決めます。
それに比べて、子宮頸癌の検査は、子宮頸部を綿棒などで擦るだけで診断用の細胞を採取する事が出来ます。
子宮体癌に関する情報は、健康関連のブログやサイトに多数掲載されていますから、是非一度、自分で調べてみましょう。

子宮体癌の検査も麻酔を使わなければそうでもないのかも知れませんが、やはり検査は麻酔をして行う事が多いみたいですね。
そうすると、細胞組織を採取するための器具がスムーズに入らないんですね。
ただ、子宮体癌の場合は、組織を採取する場所が子宮の奥になり、どうしても多少の痛みをともなうので、局部麻酔をして行われるのが通常なんです。
何故なら、最も子宮体癌を発症しやすいと言われている年代の女性は、閉経後の萎縮によって子宮の入り口から内部までの通り道が細くなっている事もよくあります
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の再発 | BLOG TOP | 子宮体癌の治療>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。