夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌の再発

最初の治療自やその直後に他の部位にも癌細胞が見付かれば、それは子宮体癌による再発ではなく、転移として扱われます。
と、以前冗談半分におっしゃっていたドクターがいますが、ある意味、それはすごく解りやすい説明ではないかと思います。
しかも、部分的な切除ではなく、子宮を全部摘出するのが基本です。
特に子宮体癌は、子宮頸癌に比べて、検査も大がかりですし、治療もほぼ確実に外科的処置という形になります。
でも、最初に出来た癌細胞が全ては引き金になっている訳でしょう。
ただし、肺などへの孤立性の遠隔転移になると、再び手術という事にもなるようですね。
だから、どんなに医学が進んでも、やっぱり癌治療の基本は、あくまでも早期発見による早期対処なんでしょうね。
そして、子宮体癌の局所再発には、放射線療法や化学療法などが用いられる事が多いようです。
ようするに、5年間再発しなければ、最初の子宮体癌の処置の段階で、全ての癌細胞が駆除されていたと考えられるからです。
強いて言えば、最初の子宮体癌の処置から、新たな癌細胞を発見するまでの機関、これで判断する程度です。
とは言っても、今のところ子宮体癌の再発に対する標準治療は定められていないのが現状。
皆さんもご存じの通り、再発というのは、言ったん癌を手術などによって駆除した後で、しばらくしてから再び別の部位に癌細胞が発生する事です。
再発部位や再発様式に合わせた対処法が、その都度検討されるようです。
手術も大変ですが、放射線治療や化学療法、ホルモン療法も患者にとっては、つらく厳しいものです。
何故なら、最初の子宮体癌の処置で、完全に全ての癌細胞を駆除しちゃえば、再発する事はない訳じゃないですか
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の手術 | BLOG TOP | 子宮体癌の初期検診>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。