夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌の転移

レベル0の段階の子宮体癌処置で行われる子宮全摘というのは、子宮・卵巣・卵管を切除するもの。
それでもまだ、子宮の全摘だけで済めば、本当の初期段階の軽度の子宮体癌だと言われています。

子宮体癌が最初に転移するのは周囲のリンパ節ですが、その後は、腎臓や膀胱なども容赦なくむしばんでいきます。子宮体癌は比較的早期発見が安易な癌ではありますが、転移しやすい癌だとも言われています。
ただし、レベル3を超えると、次第に5年生存率は下がり、レベル4に達すると、どこの病院でも5年生存率は6割を切ります。
まあこれは、子宮体癌に限った事ではなく、全ての癌に言える事だと思うんですけどね。
これが、子宮の頸部から骨盤辺りまで進行していれば、当然手術時の切除部分は増えます。
それで、大抵はその後の転移が阻止出来ると考えられているからですが、女性にとっては、とても辛く悲しい現実ですよね。
そして、レベル3に達しているとみられる子宮体癌では、他の臓器への転移もありますから、当然、それも全て切除する事になる訳です。
子宮体癌は子宮という下腹部の疾病で、その周囲には、膀胱や腎臓、大腸などの、謂わば排泄機能を担う什器が密集していますよね。
つまり、例え子宮体癌のように治癒の確立の高い癌でも、転移があれば、その条件は大きく変わるという事です。
例え生存率は高くても、従来の日常生活が送れていない子宮体癌の患者は少なくないと言われています。
ですから、万が一の事を考えて、子宮体癌の治療は、例えレベル0であっても、子宮を全摘します。
だからこそ、どの癌よりも転移すると厄介な事になるんです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の生存率 | BLOG TOP | 子宮体癌の手術>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。