夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


子宮体癌の生存率

これは子宮体癌だけに限った事ではなく、全ての癌疾病の基本中の基本ですよね。
だから、少しでもあれっと思ったら、必ず医療機関を受診する事、これが何より大事です。

子宮体癌の生存率が高い理由の一つには、比較的進行のスローな癌であるという事も上げられます。

子宮体癌は、子宮本体の内側にある子宮内幕に出来る癌で、別名、子宮内幕癌とも呼ばれます。
けれど、子宮と引き替えという子宮体癌の5年生存率、女性には手放しでは喜べない値ではないかと思います。
段々、乳癌や子宮頸癌と同じようになって来るのではないかと思われます。
これは、腫瘍の出来る部位が子宮の内部奥なのか、入り口付近なのかという違いによる誤差とでもいうのでしょうか。
おまけに、レベル0の段階で発見し、すぐさま摘出すれば、再発の可能性もとても低いようです。
ただし、これは従来閉経後の女性に多い疾病だったからで、近頃は若い子宮体癌患者さんも増加して来ていると言われています。
癌はどんな癌であっても、若ければ若いほど進行が早い病気ですからね。
他に、子宮肉腫という病気もあって、これも一応は子宮体癌の一種だとはされていますが、非常に患者数の少ない疾病です。
それに何より、今現在でもレベル3以上の子宮体癌の5年生存率は50パーセントを完全に割っている医療機関も多々あります。
とは言っても、大抵の子宮体癌は子宮内幕癌で、その割合は9対1位だそうですからね、まず、治ると信じていい病気だと思います。
今や癌は不治の病ではなくなりましたが、それはあくまでも早期発見による早期治療を原則として考えた場合の事です
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<子宮体癌の闘病記 | BLOG TOP | 子宮体癌の転移>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。