夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


睡眠障害に関わる症候群

睡眠時無呼吸症候群で睡眠障害に陥ってしまうと、大切な会議だと重々分かっていても、居眠りをしてしまったり、欠伸を連発してしまうようです。
睡眠障害になるとイライラして周囲に八つ当たりするようですから、周囲に多大な迷惑をかけてしまいます。
ですから、睡眠障害にならないために、出来る限り充分な睡眠をとることを心がけてください。睡眠障害に関わる症候群では睡眠時無呼吸症候群が有名ではないでしょうか。
当てはまる方は、常日頃の睡眠状態を振り返り、睡眠障害を疑ってみると良いかもしれません。
そのような場合は、睡眠時間よりも睡眠の質に重点を置いて眠るようにすると、睡眠障害を予防することができるようです。
ですから、どうしても昼間眠くなってしまうという状態が続いている方は、ネットを上手に活用して睡眠障害について調べてみてはいかがでしょうか。
睡眠障害を予防するには、普段から充分な睡眠を心がけるということに尽きると思います。
週末になると普段よりも異常なほど長く眠るというのも、睡眠障害では見られる特徴なのだとか。
このため慢性的な寝不足のために、集中力が低下したり、やる気が起こらなかったり、昼間に居眠りしてしまったりすることもあるようです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<睡眠障害の原因 | BLOG TOP | 子どもの睡眠障害>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。