夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


発酵食品の効果効能

便秘を改善しようと、毎日頑張ってヨーグルトを食べている人は少なくない事でしょう。
後、国内産の味噌や醤油の中にも、植物性乳酸菌発酵のものは多数存在します。
さらに、植物性と動物性、どちらの発酵食品の方がより良い効果効能をもたらすのかという事も知っておくといいでしょう。

発酵食品の代表格とも言えるのが乳酸菌発酵のヨーグルトやチーズなどですが、こうした動物性の乳酸菌は比較的虚弱体質です。
その点、植物性発酵食品に含まれる植物性の乳酸菌は非常に丈夫で、ちょっとやそっとの酸や熱にはやられません。
ですから、発酵食品はただ単に体にいいと思い込んでバンバン食べるのはいささか危険。
それぞれの特徴や成分を正しく知って、他の食品とバランス良く摂取する事がとても大切です。
また、その食品そのものが持つ他の栄養素の働きとのバランスも非常に重要になって来ますね。
因みに、植物性乳酸菌の宝庫とも言える発酵食品がキムチ。
何故なら、全ての発酵食品が乳酸菌発酵とは限っていない上、その乳酸菌がきちんと腸に届いて、期待するほどの効果をもたらせてくれるとは限っていないからです。
ようするに、せっかくコレステロール値などを押さえても、塩分の過剰摂取によって血圧が上がってしまうと言った事も有り得るという事ですね。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<発酵食品と加熱との関係 | BLOG TOP | 発酵食品>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。