夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


若年性認知症とは

認知症とは知能が衰えた状態のことで、若年性認知症とは異なり、65歳以上の高齢者がなるものと考えている方も多いでしょう。
ですから、近頃物忘れがひどくなったという方は若年性認知症についてネットで調べてみてはいかがでしょうか。
若年性認知症は、なんと、20代でも発症するようです。
若年性認知症の原因として考えられるのは、アルツハイマーやピック病などのようです。
お客様を招いておしゃべりするのも、脳の活性化に繋がり、若年性認知症の予防になるという情報もありました。
そしてピック病は前頭葉や側頭葉が萎縮する病気のことで、若年性認知症でピック病になると、人格が変わるなどの症状が見られるようです。

若年性認知症に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
また、若年性認知症は高齢者の認知症とは異なり介護期間が長くなるので、家族の負担は大きくなると思います。
高齢者ばかりが認知症になるというものでもないようです。
女性は井戸端会議でも、若年性認知症を予防することができるかもしれません。
気になるところがあったら、病院の脳ドックを活用し、若年性認知症かどうかを調べるのも良いと思います。
しかし、40代の働き盛りでも若年性認知症になることがあるのだとか
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<若年性認知症の症状 | BLOG TOP | 腸内の環境と花粉症>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。