夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


発酵食品と加熱との関係

しかし、それが本当なのかどうかとなると、皆さん微妙なところで、ちょっと首をかしげられるようですね。発酵食品は過熱すると栄養価値が下がり、パワーが下がるなどとよく言われます。
それを考えると、生で発酵食品を食べたから、必ずしも有用菌の有効効果が食べた分だけ得られるとは考えがたいものがあります。
また、発酵食品の大半は長期保存が利く上、加熱処理をせずとも食セルようになっています。
となると、乳酸菌や酵母菌などの有用菌が死滅してしまえばその意味がなくなってしまう。

発酵食品に求める物が、有用菌が齎す直接的な有効効果オンリーであれば、正直加熱は大敵と言っても過言ではないでしょうね。
出来る限り生で食べられるものは生で食べた方がいいのは確かだろうと思われます。

発酵食品に含まれる有用菌の有効効果や酵素パワーは、加熱すれば軽減する事は否めないでしょう。
ただ、私たちが本当に発酵食品に求めなければならないものは、有用菌の有用効果ではなく、酵素パワーだとしたらどうでしょうか。
だとしたら、加熱がいいとか悪いとかに余り拘り過ぎず、酵素パワーを少しでも活用出来ればという位の気持ちでいた方がいいのかも知れません。
こうなると、全ての発酵食品が完全に加熱処理NGという訳でもなくなって来ますよね。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<発酵食品の歴史 | BLOG TOP | 発酵食品の効果効能>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。