夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


若年性認知症の治療施設

若年性認知症の方を介護する負担が大きいと、介護をしている方がうつ病などを発症する場合があるようです。
しかし、認知症で高齢の方が利用できる施設よりも、若年性認知症の場合は数が少ないのだとか。
若年性認知症になると、介護する家族の負担は大きくなります。
また、厚生省が全国初の若年性認知症相談窓口を開設したようです。若年性認知症の施設は、いくつかあるようです。
また、施設ではありませんが、訪問看護なども若年性認知症の方は利用できるようです。
また、若年性認知症は若い方が発症するので、体力に衰えがなく、対応できるスタッフのいない施設も多いのだとか。

若年性認知症の方が利用できる施設には、病院を挙げることもできるようです。
また、若年性認知症を受け入れてくれる施設がないか、相談できる窓口を知っておくと良いでしょう。
若年性認知症の方が利用できる施設に関する情報も、ネット上には掲載されています。
若年性認知症の方が利用できる施設には、ショートステイ、グループホームなどがあるようです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<若年性認知症とピック病 | BLOG TOP | 若年性認知症の予防方法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。