夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


目の疲れとは

目の疲れに悩まされている現代人はどれほどの数に上るのでしょうか。
目の疲れを重ねすぎると視力の低下などを招く恐れがありますから、多少の労力や時間を割いてでも、この症状と正面から向き合う術を身につけておくべきです。
注意したいのは、目の疲れは単なる疲労の場合もあれば、重大な病気と関わりを持つケースもあるらしいということ。
単純な肉体的疲労とは違う厄介な性質を持つ目の疲れですが、だからこそ上手に付き合っていきたいものです。
それにはまず目の疲れの原因を自分の生活から探し出して、可能ならば遠ざけることかもしれません。
確かにこれらは便利で楽しく、使い心地の良いものばかりですが、使うほどに目の疲れを生じさせる大きな要因となっています。

目の疲れを完全に無くすということは、ほとんどの日本人には不可能なことかもしれません。
無意識に目の疲れになる行動を取りすぎている現代人は、少し自分の生活をふり返ることから始めるべきではないでしょうか。
目の疲れしたときに効果的な目薬であったり、目の疲労に効く食物であったり、小さな対処の積み重ねが快適なライフにつながるはずです。
最近のテレビアニメなどでは必ずと言うほど画面から離れるようにテロップが入りますが、これは立派な目の疲れ予防になることでしょう。
携帯電話を扱うにしても、パソコンのディスプレイを見るにしても、露骨に目の疲れしそうな方法を取っていらっしゃる方を見かけることは多いです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<目の疲れの解消法 | BLOG TOP | 若年性認知症が介護保険に適用されるケース>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。