夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


乳癌 ホルモン 療法と放射線治療

乳癌になったからといって乳房を全摘出するのに大変抵抗があるという女性は、大変多いと思います。
乳癌 ホルモン 療法は再発率を下げる効果が大変期待できるので、温存療法以外にも用いられるケースは非常に多いようです。
乳房を温存する場合、放射線治療でまず癌を小さくし、そして小さくなった癌を取り除いてできるかぎり乳房を残し、術後、乳癌 ホルモン 療法を行うのだとか。
放射線治療の副作用は、放射線が当たってしまった正常細胞の火傷、全身の倦怠感などのようです。
乳癌 ホルモン 療法と放射線治療を術後に併用することもあるようです。
そしてネット上には、乳癌 ホルモン 療法と放射線治療を組み合わせた治療を受けたという方の体験談も公開されています。
抗癌剤といった化学療法の副作用には、激しい吐き気や脱毛などを挙げることができるでしょう。
抗癌剤といった化学療法よりも副作用が軽いといったメリットは、乳癌 ホルモン 療法にも見られるのだとか。
しかし、乳癌 ホルモン 療法や放射線治療には激しい吐き気や脱毛といった副作用はないのだとか。
乳癌 ホルモン 療法に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
ですから、乳癌 ホルモン 療法や放射線治療、化学療法など、乳癌の治療法が気になる方はネットで情報を集めてみると良いでしょう。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<乳癌 ホルモン 療法と化学療法 | BLOG TOP | 乳癌 ホルモン 療法の手術後の効果>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。