夢のブログ

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


乳癌 ホルモン 療法と化学療法

乳癌 ホルモン 療法や化学療法、放射線治療を受けた方の体験談を読むと、勇気が貰えるでしょう。乳癌 ホルモン 療法と化学療法は、どちらも身体全体にあるかもしれない癌細胞に向けて行われる治療法になるようです。
乳房は女性にとって大切な身体の部位ですから、乳癌で全摘出してしまうと、精神的に深く傷ついてしまいます。
ただ、放射線治療の副作用の現れ方は、乳癌 ホルモン 療法や化学療法とは異なり、放射線が当たった部位のみに現れるのが一般的なのだとか。
放射線治療は正常な皮膚にも放射線が当たることから、正常な皮膚の火傷や色素沈着、倦怠感などが副作用として挙げられるようです。
そして、乳癌 ホルモン 療法のほか、化学療法や放射線治療に関する情報も、ネット上には満載です。
乳癌 ホルモン 療法の副作用は、のぼせやほてり、鬱といった症状が現れるのだとか。
ですので、身体全身に副作用が出るということは稀のようです。
ですから、乳癌の治療法が知りたい、副作用に関する情報をある程度集めたいという方は、ネットを上手に活用してみてください。
ただ、乳癌 ホルモン 療法や放射線治療も含め、副作用の現れ方は、個人差があるでしょう。
ピンポイントで癌細胞を叩きのめすのが放射線治療なので、乳癌 ホルモン 療法や化学療法のように身体全体にまで広がっているかもしれない癌を対象としていません
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<乳癌 ホルモン 療法の体験談 | BLOG TOP | 乳癌 ホルモン 療法と放射線治療>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。